コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花魁道中 オイランドウチュウ

デジタル大辞泉の解説

おいらん‐どうちゅう〔‐ダウチユウ〕【花魁道中】

江戸時代、位の高い遊女馴染み客を迎えに郭内の茶屋の行き帰りや特定の日に美しく着飾って遊郭の中を練り歩いたこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おいらんどうちゅう【花魁道中】

江戸時代、遊郭で、おいらんが新造しんぞ・禿かぶろなどを従えて引手茶屋まで客を迎えに行ったこと。また、江戸吉原で正月や8月1日、京都島原で4月21日などに遊女が盛装して郭くるわの中を練り歩いたこと。道中。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の花魁道中の言及

【花魁】より

…ただし,尊称的美称であって職名ではないから,どの遊女が花魁と別称されるかはっきりせず,座敷持ち以上または部屋持ち以上という約束はあっても,それ以下の下級妓をさした場合もあり,その混乱は時代とともに拡大した。花魁が最高格として処遇されたなごりは花魁道中にある。花魁道中の原形は太夫の揚屋入りにあるが,これを観光ショーとして独立させたもので,そのために豪華さを増した。…

【遊郭(遊廓)】より

…大勢の客の中には張見世(はりみせ)を見て回るだけの見物客もあり,これを〈ひやかし〉〈ぞめき〉〈素見(すけん)〉といった。そうした見物客にとっては,花魁(おいらん)道中も目を楽しませるものであった。遊女の衣装は,絹つむぎ,木綿の紺屋染までと規定されていたが少しも守られず,金銀糸の高価な衣類を着用した。…

※「花魁道中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花魁道中の関連キーワード日本きもの文化美術館引手茶屋玄覚奈穂江戸時代花魁今紫対馬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花魁道中の関連情報