コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳野桜陰 よしの おういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳野桜陰 よしの-おういん

1844-1872 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)15年10月16日生まれ。芳野金陵(きんりょう)の子。駿河(するが)(静岡県)田中藩校日知館の助教安井息軒(そっけん),塩谷宕陰(しおのや-とういん)に師事し,文久3年昌平黌(しょうへいこう)の助教となる。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱に幕府軍とたたかい敗れる。維新後は新政府につかえた。明治5年9月10日死去。29歳。名は世行。字(あざな)は実甫。通称は秀六郎,新一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

芳野桜陰の関連キーワード芳野復堂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android