コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳野桜陰 よしの おういん

1件 の用語解説(芳野桜陰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳野桜陰 よしの-おういん

1844-1872 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)15年10月16日生まれ。芳野金陵(きんりょう)の子。駿河(するが)(静岡県)田中藩校日知館の助教。安井息軒(そっけん),塩谷宕陰(しおのや-とういん)に師事し,文久3年昌平黌(しょうへいこう)の助教となる。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱に幕府軍とたたかい敗れる。維新後は新政府につかえた。明治5年9月10日死去。29歳。名は世行。字(あざな)は実甫。通称は秀六郎,新一郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芳野桜陰の関連キーワード曲芸井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係勝諺蔵(3代)河野敏鎌佐久間左馬太

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone