コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英ソ経済協力協定 えいソけいざいきょうりょくきょうていAnglo-Soviet Economic Agreement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英ソ経済協力協定
えいソけいざいきょうりょくきょうてい
Anglo-Soviet Economic Agreement

1921年3月 16日に英ソ両国間に成立した協定ソ連が初めて西側大国と接触したという意味で注目された。イギリス対ソ干渉戦争が失敗したのち,戦後経済復興のため広大なロシア市場への再接近を望み,ソ連政府も新経済政策の採択にあたり外国貿易を求めた。協定により両国は代表を交換し,船舶などに対する最恵国待遇を約束した。ソ連はイギリス市民への賠償支払義務を認め,インド,アフガニスタンなどで反英宣伝を行わないことを約束,貿易再開への熱意を示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

英ソ経済協力協定の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))帰山教正ヴェナイトドキュメンタリー映画内閣総理大臣安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼギーラーン共和国

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android