茂山忠三郎(4代)(読み)しげやま ちゅうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂山忠三郎(4代) しげやま-ちゅうざぶろう

1928-2011 昭和-平成時代の能楽師狂言方。
昭和3年4月3日生まれ。大蔵流,3代茂山忠三郎の次男。昭和7年「業平餅(なりひらもち)」で初舞台。40年4代茂山忠三郎を襲名。47年日本能楽会会員。54年より忠三郎狂言会を主宰。63年「木六駄(きろくだ)」で芸術祭賞。平成13年「伯母ヶ酒(おばがさけ)」で芸術祭大賞。16年日本能楽会理事。16年観世寿夫記念法政大学能楽賞。おおらかで骨太な芸風で知られ,海外公演も多かった。平成23年8月20日死去。83歳。京都府出身。立命館大卒。本名は倖一(こういち)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android