伯母ヶ酒(読み)おばがさけ

日本大百科全書(ニッポニカ)「伯母ヶ酒」の解説

伯母ヶ酒
おばがさけ

狂言曲名女狂言酒屋を営む伯母は吝嗇(りんしょく)で、(おい)(シテ)がどう口実を設けても飲ませてくれない。甥はあきらめて帰りかけるが立ち戻り、この辺には恐ろしいが出るとのうわさだから用心するようにと脅しておき、さて今度は鬼の面(武悪(ぶあく)の面)をつけて酒買いを装って案内を請う。伯母が戸をあけると追い回し、まず今後甥に酒をふるまえと命じたうえ、見るなといいおいて酒壺(さかつぼ)の蓋(ふた)をあけ、面の頤(あご)をあげあげ飲み始める。やがて面を顔の横に回し、ついには膝頭(ひざがしら)へかけ、足を踏み鳴らして脅しながら飲んでいるうちに酔って寝込んでしまい、正体を見表されて追い込まれる。甥の酔っていく過程を、しだいに大胆になる面の扱いに示して巧妙である。

[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「伯母ヶ酒」の解説

おばがさけ〔をばがさけ〕【伯母ヶ酒】

狂言。酒好きの男が、伯母の営む酒屋へ鬼に化けて入り込み、酒をせしめるが、酔ったあげくに見破られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「伯母ヶ酒」の解説

おばがさけ【伯母ヶ酒】

狂言の曲名。女狂言。酒屋を営む伯母を甥が訪問する。伯母はまだ一度も酒をふるまってくれたことがないので,きょうこそはなんとか飲んでやろうとを弄するが,けちな伯母はその手にのらない。甥は名案を思いつき,付近におそろしい鬼が出るといううわさがあるから注意するようにといいおき,帰るふりをして途中で鬼の面をかぶり,ふたたび伯母のところへ行く。鬼が現れたと思いこみ動転する伯母を脅して,存分に酒を飲むが,酔いがまわり,その場で寝込んでしまい,正体を見破られて追い込まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android