茂彦善叢(読み)もげん ぜんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂彦善叢 もげん-ぜんそう

?-1541 戦国時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都三聖寺の祐渓善保の法をつぐ。真如寺,万寿寺をへて,東福寺の住持となった。天文(てんぶん)10年12月14日死去。別号に恕庵。著作に「恕庵駢儷(べんれい)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android