茅子元(読み)ぼうしげん(英語表記)Mao Zi-yuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「茅子元」の意味・わかりやすい解説

茅子元
ぼうしげん
Mao Zi-yuan

[生]?
[没]乾道2(1166)
中国,南宋白蓮教の祖。呉郡 (蘇州) の延祥院に住した天台宗の僧。法を修めたのち,五念往生を俗耳に入りやすくして衆徒を集めた。紹興3 (1133) 年白蓮教の勢いがあまりにも大きくなったため,教団が禁止されて江州に流された。のち許されて慈照宗主の号を賜わった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の茅子元の言及

【白蓮教】より

…中国,宋・元・明・清にわたる民間宗教の一派。その起源は南宋の茅子元の白蓮宗にさかのぼる。茅子元の白蓮宗は五戒を奉持し,阿弥陀仏を念じて浄土に生まれることを願う念仏結社であった。…

※「茅子元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android