コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城童子 いばらきどうじ

1件 の用語解説(茨城童子の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

茨城童子

酒呑童子配下の鬼。江戸記の通俗軍記物『前太平記』や明治期の歌舞伎羅生門」に登場する。源頼光らに大江山(京都府北西部丹後山地の主峰)を追われた茨城童子は,都の羅生門に住み着いて人をさらっていたが,頼光の家来の渡辺綱に腕を切り取られてしまう。綱は,安倍晴明の助言を入れて7日間の物忌みに入るが,綱の伯母に化けた童子が綱から腕を取り返す。『平家物語』剣の巻にこれと類似した鬼女の話がみえる。<参考文献>佐竹昭広『酒呑童子異聞』,谷川健一鍛冶屋の母』

(小松和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茨城童子の関連キーワード大江山軍記物語軍記物軍記読み軍談戦記物語童子格子大童子渡辺綱の鬼退治伝説馬場信意

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone