コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷川健一 タニガワケンイチ

3件 の用語解説(谷川健一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たにがわ‐けんいち〔たにがは‐〕【谷川健一】

[1921~2013]民俗学者。熊本の生まれ。平凡社の雑誌「太陽」の初代編集長を務めた後、柳田国男折口信夫の影響を受け研究を重ね、日本人の死生観や世界観を探求した。昭和56年(1981)日本地名研究所を設立。平成19年(2007)文化功労者。著「南島文学発生論」「常民への照射」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

谷川健一【たにがわけんいち】

評論家,民俗学者,編集者。熊本県水俣に生まれる。旧制県立熊本中学(現県立熊本高校),旧制浪速高校を経て,東京帝国大学文学部フランス文学科卒業。平凡社の編集者として,《風土記日本》(1957年〜1960年),《日本残酷物語》(1959年〜1961年)を企画編集,雑誌《太陽》の創刊編集長(1963年)を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷川健一 たにがわ-けんいち

1921-2013 昭和後期-平成時代の民俗学者,評論家。
大正10年7月28日生まれ。詩人・谷川雁,東洋史学者・谷川道雄の兄。平凡社で雑誌「太陽」の初代編集長をつとめたのち退職。柳田国男,折口信夫(しのぶ)らの影響をうけ,日本人の意識の古層の解明にとりくむ。昭和56年日本地名研究所初代所長,63年近畿大教授。平成4年「南島文学発生論」で芸術選奨。19年文化功労者。平成25年8月24日死去。92歳。熊本県出身。東大卒。著作はほかに「常民への照射」「青銅の神の足跡」「日本の地名」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

谷川健一の関連キーワード千葉治平天田昭次相良亨鈴木鷹夫辻隆長岡毅中義勝伴義雄福島新吾与良清

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷川健一の関連情報