コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前太平記 ゼンタイヘイキ

デジタル大辞泉の解説

ぜんたいへいき【前太平記】

通俗史書。40巻・目録1巻。藤元元作。天和元年(1681)ごろの成立。平安中期から後期にかけての事変・合戦を、清和源氏7代の人々との関係を中心に記述。歌舞伎の時代背景となる世界の一として盛んに用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんたいへいき【前太平記】

歌舞伎脚本の題材とされる世界の一。俗史書「前太平記」中の物語・人物を脚色したもの。源頼光とその四天王が活躍する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

前太平記の関連キーワード金幣猿嶋郡金幣猿島郡茨城童子関ヶ原物茨木童子伊藤竜洲平住専庵四天王物山姥物金太郎太平記四天王正本製源頼光御強題材

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android