茨田(読み)まんだ

精選版 日本国語大辞典 「茨田」の意味・読み・例文・類語

まんだ【茨田】

  1. 大阪府河内国)の旧郡名。明治二九年(一八九六)讚良・交野の二郡と合併して北河内郡一部となる。また、上代、茨田郡に置かれていた古郷名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「茨田」の意味・わかりやすい解説

茨田
まった

大阪市鶴見区東部,寝屋川古川の合流点一帯の地区。かつては大阪の近郊農業地として米作のほかレンコン栽培やアヒル飼育などが盛んであったが,第2次世界大戦後,寝屋川沿いに石鹸をはじめとする化学工場金属機械などの工場が進出,大阪城東工業地域の一部となった。仁徳天皇が築いたといわれる茨田堤で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android