コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶毒蛾 チャドクガ

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐どくが【茶毒×蛾】

ドクガ科のガ。翅(はね)は開張約3センチで黄色い。雄に黒褐色鱗粉が多い。幼虫は茶・ツバキ・サザンカの葉を食べ、茶毛虫とよばれ、毒針毛に触れると皮膚炎症を起こす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃどくが【茶毒蛾】

ドクガ科のガ。開張約30ミリメートル。はねは橙黄色。幼虫はツバキ科の葉を食べ、年二回羽化する。幼虫・成虫とも毒針毛をもち、触れると激しいかゆみと発疹ができる。本州以南と朝鮮・中国に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

茶毒蛾 (チャドクガ)

学名:Euproctis pseudoconspersa
動物。ドクガ科のガ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

茶毒蛾の関連キーワードツバキ科永堀剛敏朝鮮成虫発疹分布

茶毒蛾の関連情報