コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荆村遺跡 けいそんいせき Jīng cūn yí zhǐ

1件 の用語解説(荆村遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいそんいせき【荆村遺跡 Jīng cūn yí zhǐ】

中国山西省万泉県荆村瓦渣斜の黄土台地にある新石器時代の遺跡。1931年に董光忠が,42年に和島誠一が発掘した。3層にわたって重なり合う竪穴の多くは平面が円形をなし,底部が平らで広く口部のすぼまった袋状の貯蔵穴である。土器を焼く窯跡が2個発見されている。土器は薄手良質の紅陶系の彩陶,砂粒を含む厚手の灰陶と薄手良質の黒陶の3種があり,各層に相似た割合で混在している。石斧,石庖丁,石鏟(鋤形農具)などの磨製石器のほかに,骨針,骨錐,骨角鏃,骨角笄などの骨角器や土製の環と貝輪などが出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荆村遺跡の関連キーワード山西省中国山地雁門山西首陽山清涼山代赭汾酒雲崗赭石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone