荆楚歳時記(読み)けいそさいじき(英語表記)Jīng chǔ suì shí jì

世界大百科事典 第2版の解説

けいそさいじき【荆楚歳時記 Jīng chǔ suì shí jì】

中国,荆楚つまり湖南省湖北省を中心とする六朝時代習俗を,正月から12月までの歳時を分かって記した書物。梁の懍(そうりん)(498‐502)が著し,隋の杜公瞻(とこうせん)が詳しい注を付した1巻本が流布しているが,宗懍の原著は10巻であったらしい。民間の年中行事記としては現存最古のものであって,そのなかには,仏教的行事も,たとえば4月の灌仏会,7月の盂蘭盆会(うらぼんえ),12月の追儺(ついな)などが含まれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の荆楚歳時記の言及

【せんべい(煎餅)】より

…干菓子の一種。古くから中国にあったもので,《荆楚歳時記(けいそさいじき)》に名が見えている。それは《和名抄》のいうごとく,小麦粉をこねて油で焼き,あるいは揚げたものだったようである。…

※「荆楚歳時記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android