コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草を結ぶ クサヲムスブ

デジタル大辞泉の解説

草(くさ)を結(むす)・ぶ

草を結んで、生命の安全や旅の無事を願う上代の習俗。
《結んだ草を枕にすることから》旅で野宿する。
《娘を助けてもらった父の霊が、草を結んで恩人の敵をつまずかせ、恩返ししたという「春秋左伝」の故事から》恩に報いる。結草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさをむすぶ【草を結ぶ】

健康・長寿・旅の安全などを祈るため、また吉凶を占うため、草の葉や茎を結ぶ。古代人の習俗。 「妹が門かど行き過ぎかねて草結ぶ風吹き解くなまたかへり見む/万葉集 3056
野山を行く時、草を結んで道しるべとする。 「 - ・びつぞ行かむとする、其れを見て注しるしとして来たるべし/今昔 19
旅で野宿をする。旅寝をする。 「君が舟泊て草結びけむ/万葉集 1169
〔晋しんと秦の戦いの時、娘の命の恩人、晋の魏顆のために亡父の霊が草を結んで、秦の杜回をつまずかせ、恩返ししたという「左氏伝宣公十五年」の故事から〕 恩に報いる。 「只是犬川・犬田に代りて窃ひそかに-・びし也/読本・八犬伝 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草を結ぶの関連キーワード結ぶ・掬ぶ万葉集長島町恩人上代習俗結ぶ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android