草廬(読み)ソウロ

デジタル大辞泉の解説

そう‐ろ〔サウ‐〕【草×廬】

草ぶきの粗末な家。草庵(そうあん)。
自分の住居をへりくだっていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうろ【草廬】

草で作った小さな家。草庵。
自分の住居をへりくだっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐ろ サウ‥【草廬】

〘名〙
① 草ぶきのいおり。くさや。草庵草亭
※三教指帰(797頃)上「周王之輦、畋於草廬、何仮弾鋏」
※辺鄙以知吾(1754)「異香ほのかに草廬に薫徹し」 〔後漢書‐周燮伝〕
② 自分の住居をへりくだっていう語。草亭。
※松山集(1365頃)寄無択首座「草廬只是欠三顧 諸葛功名不論」
※消息(1899‐1900)〈正岡子規〉「過日各選者草廬に会し」 〔諸葛亮‐前出師表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android