コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草本帯 ソウホンタイ

デジタル大辞泉の解説

そうほん‐たい〔サウホン‐〕【草本帯】

高山帯のうち、主として草本植物が生育する地帯。お花畑とよばれる部分で、それより上は地衣帯、下は低木帯となる。高山草原。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうほんたい【草本帯】

垂直分布による植物帯の一。高山帯の下部に発達し、主として草本植物が生育している。普通、お花畑が見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草本帯の関連キーワードミヤマモンキチョウニホンカモシカ大山(鳥取県)高山植物早池峰山垂直分布草本植物太平山植物帯下部

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android