コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草花丘陵 くさばなきゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草花丘陵
くさばなきゅうりょう

東京都西部,あきる野市草花から,日の出町北部にかけての標高 200~300mの丘陵。多摩川南岸に沿って連なり,マツ雑木林におおわれ,ハイキング適地羽村草花丘陵都立自然公園に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕草花丘陵(くさばなきゅうりょう)


東京都あきる野市北東部の小高い丘陵地。多摩川南岸沿いに延びる。一帯川遊びのできるハイキング地。北側に羽村(はむら)の堰(せき)・郷土博物館・動物公園などがあり、毎年春に桜まつりを開催。羽村草花丘陵都立自然公園に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草花丘陵
くさばなきゅうりょう

東京都あきる野市の北東部にある標高200~300メートルの丘陵。多摩川とその支流平井(ひらい)川との間にあり、地区の「草花」の名をとっているが、赤松と雑木林の中に多くの植物のあることが地名の由来と思われる。青梅(おうめ)市との境、満地(まんじ)峠から立川国際カントリークラブ、草花神社を経て福生(ふっさ)市との境の永田橋に至るコース、また羽村堰下(はむらせきした)公園から丘陵に行くコースが知られている。都立羽村草花丘陵自然公園に指定されている。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

草花丘陵の関連キーワード秋川〈地区名〉あきる野(市)東京(都)新井豊美青梅市東京都福生市三多摩羽村市沢田秋川

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android