コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草花丘陵 くさばなきゅうりょう

3件 の用語解説(草花丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草花丘陵
くさばなきゅうりょう

東京都西部,あきる野市草花から,日の出町北部にかけての標高 200~300mの丘陵。多摩川の南岸に沿って連なり,マツや雑木林におおわれ,ハイキングの適地。羽村草花丘陵都立自然公園に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕草花丘陵(くさばなきゅうりょう)


東京都あきる野市北東部の小高い丘陵地。多摩川南岸沿いに延びる。一帯は川遊びのできるハイキング地。北側に羽村(はむら)の堰(せき)・郷土博物館・動物公園などがあり、毎年春に桜まつりを開催。羽村草花丘陵都立自然公園に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草花丘陵
くさばなきゅうりょう

東京都あきる野市の北東部にある標高200~300メートルの丘陵。多摩川とその支流平井(ひらい)川との間にあり、地区の「草花」の名をとっているが、赤松と雑木林の中に多くの植物のあることが地名の由来と思われる。青梅(おうめ)市との境、満地(まんじ)峠から立川国際カントリークラブ、草花神社を経て福生(ふっさ)市との境の永田橋に至るコース、また羽村堰下(はむらせきした)公園から丘陵に行くコースが知られている。都立羽村草花丘陵自然公園に指定されている。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草花丘陵の関連キーワード東京都あきる野市秋留東京都あきる野市雨間東京都あきる野市五日市東京都あきる野市乙津東京都あきる野市三内東京都あきる野市戸倉東京都あきる野市留原東京都あきる野市野辺東京都あきる野市引田東京都あきる野市深沢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草花丘陵の関連情報