コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草野比佐男 くさの ひさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草野比佐男 くさの-ひさお

1927-2005 昭和後期-平成時代の歌人,詩人,小説家。
昭和2年7月1日生まれ。農林業のかたわら創作にはげみ,昭和37年歌集「就眠儀式」で農民文学賞をうける。出稼ぎ離農を告発した47年刊行の「村の女は眠れない 草野比佐男詩集」は,同名のドキュメントタリー(NHK)が放映され反響を呼んだ。ほかに小説「新種」「榧木覚書」,評論「わが攘夷」,詩集「玉川村金成」など。平成17年9月22日死去。78歳。福島県出身。相馬農蚕学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

草野比佐男の関連キーワード小説家

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android