コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草野石瀬 くさの せきらい

1件 の用語解説(草野石瀬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草野石瀬 くさの-せきらい

?-1861 江戸時代後期の儒者。
肥後(熊本県)宇土(うと)藩士。辛島塩井(からしま-えんせい)にまなび,のち昌平黌(しょうへいこう)にはいり,さらに佐藤一斎(いっさい)に入門する。帰藩して藩校温知館の教授をつとめた。文久元年5月7日死去。名は正。字(あざな)は子範。通称は団助。著作に「桂源遺事」「石瀬漫録」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

草野石瀬の関連キーワード炭酸塩岩脈文久ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス咸豊帝万延桂文治(5世)イタリア史カナダ文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone