コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草野石瀬 くさの せきらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草野石瀬 くさの-せきらい

?-1861 江戸時代後期の儒者。
肥後(熊本県)宇土(うと)藩士。辛島塩井(からしま-えんせい)にまなび,のち昌平黌(しょうへいこう)にはいり,さらに佐藤一斎(いっさい)に入門する。帰藩して藩校温知館の教授をつとめた。文久元年5月7日死去。名は正。字(あざな)は子範。通称は団助。著作に「桂源遺事」「石瀬漫録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

草野石瀬の関連キーワード儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android