荒夷(読み)アラエビス

デジタル大辞泉の解説

あら‐えびす【荒×夷】

《都人が東国人を卑しめて呼んだ語》荒々しい東国人。また、勇猛な東国武士。あずまえびす。
「ひたすらの―のやうなれども従ひ奉りて」〈平家・八〉
[補説]人名別項。→あらえびす

あらえびす[人名]

小説家、野村胡堂の別筆名。音楽評論を書く際にはこちらの筆名を用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらえびす【荒夷】

都の人が東国人を未開の人と軽蔑して呼んだ語。 「いみじからむ-も泣きぬばかりに/浜松中納言 5
粗野な田舎武士。東国武士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android