コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村胡堂 のむらこどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村胡堂
のむらこどう

[生]1882.10.15. 岩手,彦部
[没]1963.4.14. 東京
小説家。本名,長一。東京大学法科中退。報知新聞社に勤務するかたわら,大衆文学を書きはじめ,『銭形平次捕物控』 (1931~57) で多くの読者を集めた。ほかに『新版仇討十種』 (41) ,『幽霊大名』 (53) など作品の数はきわめて多く,また「あらえびす」の別号で書いた音楽評論でも一家をなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

野村胡堂【のむらこどう】

小説家,音楽評論家。本名長一。岩手県生れ。東大仏法科中退。《報知新聞》記者となり,1942年までつとめた。1920年から小説を発表。時代小説が多く,1931年《オール読物》創刊に際して発表した捕物帳シリーズ《銭形平次捕物控》はその代表作。
→関連項目半七捕物帳文芸倶楽部

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村胡堂 のむら-こどう

1882-1963 大正-昭和時代の小説家。
明治15年10月15日生まれ。45年報知新聞社に入社,社会部長,学芸部長を歴任。その間,小説,人物評論を発表,とくに昭和6年からかきはじめた「銭形平次捕物控」383話は好評を博した。「あらえびす」の名で音楽評論でも活躍した。昭和38年4月14日死去。80歳。岩手県出身。東京帝大中退。本名は長一。著作はほかに「隠密縁起」「池田大助捕物日記」など。
【格言など】思い残すことはない。満足だ(最期の言葉)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

のむらこどう【野村胡堂】

1882‐1963(明治15‐昭和38)
小説家,音楽評論家。岩手県生れ。本名野村長一(おさかず)。別号あらえびす。東大法科中退。1912年《報知新聞》に入社,社会部長,学芸部長を務め,42年退社する。はじめ人物評論や科学小説を書いていたが,31年《オール読物》創刊に際し,依頼されて捕物帳シリーズ《銭形平次捕物控》を発表,好評を博す。他に《三万両五十三次》(1932‐33),《池田大助捕物日記》(1943)などがある。49年捕物作家クラブを結成し会長となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のむらこどう【野村胡堂】

1882~1963) 小説家。岩手県生まれ。本名、長一。「銭形平次捕物控」シリーズなど大衆文学で活躍。「あらえびす」の筆名によるクラシック音楽批評でも知られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野村胡堂
のむらこどう
(1882―1963)

小説家。岩手県紫波(しわ)郡彦部村(現紫波町)に生まれる。本名長一(おさかず)。1897年(明治30)県立盛岡中学に入学。金田一京助(きんだいちきょうすけ)、石川啄木(いしかわたくぼく)らを識(し)る。東京帝国大学法科に入学。父の死により中退。1912年報知新聞入社。人物評論などを連載、また「あらえびす」の名でレコード評論でも知られた。1931年(昭和6)『オール読物』創刊に際し、捕物帳(とりものちょう)の執筆を依頼され、愛読した『水滸伝(すいこでん)』の没羽箭張清(ぼつうせんちょうせい)の百発百中の投石の特技から銭形平次(ぜにがたへいじ)を創造する。27年間にわたる連載『銭形平次捕物控(ひかえ)』により1958年第6回菊池寛賞を受賞。そのほか、幕末動乱期3万両をめぐる攻防をつづった『三万両五十三次』(1934)、随筆『胡堂百話』(1959)がある。郷里紫波町中央公民館内に野村胡堂記念文庫が設けられている。没後勲三等瑞宝章(ずいほうしょう)を受ける。[山崎一穎]
『尾崎秀樹・多田道太郎著『大衆文学の可能性』(1971・河出書房新社) ▽尾崎秀樹著『文壇うちそと〈大衆文学逸史〉』(1975・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野村胡堂の言及

【銭形平次捕物控】より

野村胡堂作の小説。1931‐57年(昭和6‐32)《オール読物》などに発表。…

※「野村胡堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

野村胡堂の関連キーワード天晴れ一番手柄 青春銭形平次野村胡堂・あらえびす記念館岩手県紫波郡紫波町彦部『銭形平次』シリーズ銭形平次〈1〉銭形平次〈2〉佐々木 たづ銭形平太くん10月15日山川 秀峰矢田 挿雲野村 胡堂陣出 達朗神保 朋世佐々木たづ尾崎秀樹ロマン派矢田挿雲多磨霊園陣出達朗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野村胡堂の関連情報