コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒打ち アラウチ

デジタル大辞泉の解説

あら‐うち【荒打ち】

[名](スル)土蔵などの壁を作るのに、まず荒木田土(あらきだつち)と苆(すさ)とをまぜたものを木舞(こまい)の間に塗りつけ、壁の下地を作ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらうち【荒打ち】

( 名 ) スル
土蔵などの土壁を塗る時、木舞こまいに荒壁土を塗りつけて最初の塗り下地を作ること。荒塗り。
( 形動 ) [文] ナリ 
粗野なさま。教養がなく洗練されていないさま。 「 -ナ人/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

荒打ちの関連キーワード土蔵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android