コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木一助 あらき かずすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木一助 あらき-かずすけ

?-1862 江戸時代後期の儒者。
越前(えちぜん)(福井県)丸岡藩士。赤穂(あこう)藩の儒者都志氏,筑前(ちくぜん)福岡の亀井昭陽にまなんだのち,藩校平章館教授となり,また私塾竜陽館をひらいた。のち参政となり西洋の銃隊を採用するなど藩政のためにつくした。文久2年6月12日死去。名は彪。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荒木一助の関連キーワードサイゴン条約黒住教バールセンブッセリチャードソンリッジウェー有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android