コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木千洲 あらき せんしゅう

1件 の用語解説(荒木千洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木千洲 あらき-せんしゅう

1807-1876 江戸後期-明治時代の画家。
文化4年3月15日生まれ。長崎の人。渡辺秀実(しゅうじつ)にまなび,花鳥,人物画を得意とした。父君瞻(くんせん)の跡をつぎ文政9年唐絵目利(からえめきき)となり,安政元年同頭取にすすむ。長崎奉行内藤忠明の命により「続長崎画人伝」を編集した。明治9年6月15日死去。70歳。名は一。字(あざな)は世万。通称は千十郎。別号に春潭など。代表作に「高島秋帆徳丸原演習図」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荒木千洲の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記秋月の乱スラブ音楽石川和助造船業

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone