コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木千洲 あらき せんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木千洲 あらき-せんしゅう

1807-1876 江戸後期-明治時代の画家。
文化4年3月15日生まれ。長崎の人。渡辺秀実(しゅうじつ)にまなび,花鳥,人物画を得意とした。父君瞻(くんせん)の跡をつぎ文政9年唐絵目利(からえめきき)となり,安政元年同頭取にすすむ。長崎奉行内藤忠明の命により「続長崎画人伝」を編集した。明治9年6月15日死去。70歳。名は一。字(あざな)は世万。通称は千十郎。別号に春潭など。代表作に「高島秋帆徳丸原演習図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒木千洲の関連キーワードおもなお雇い外国人デービー(Sir Humphry Davy)近・現代ラテンアメリカ史(年表)リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android