コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木巍 あらき たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木巍 あらき-たかし

1905-1950 昭和時代の小説家。
明治38年10月6日生まれ。昭和8年「その一つのもの」が「改造」の懸賞に当選。同年高見順らと「日暦」を創刊,11年武田麟太郎(りんたろう)主宰の「人民文庫」の創刊に参加した。昭和25年6月4日死去。44歳。東京出身。東京帝大卒。本名は下村是隆。筆名はほかに下村恭介。代表作に「詩と真実」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒木巍の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android