コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木東明 あらきとうめい

3件 の用語解説(荒木東明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒木東明
あらきとうめい

[生]文化14(1817).京都
[没]明治3(1870).4.19. 京都
江戸時代末期の装剣金工。後藤一乗の門人。京都に住む。一斎,吟松亭などの号も用いる。刀剣の装飾金具に粟穂を意匠として用いるのを得意とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木東明 あらき-とうめい

1817-1870 江戸後期-明治時代の装剣金工。
文化14年生まれ。後藤東乗,後藤一乗にまなび,東明,一斎の銘をゆるされた。粟穂の彫刻を得意とした。明治3年4月19日死去。54歳。京都出身。初銘は秀信。別銘に吟松亭,白玉堂。通称は芳之進。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

荒木東明

没年:明治3(1870)
生年:文化14(1817)
幕末明治期の装剣金工家。米商と貸物屋を営む与平の長男として京都十二組大猪熊町に生まれた。初名を秀信,のちに芳之進。号銘に一斎,今松亭,白玉堂などがあり,晩年には基仲と号した。13歳で後藤東乗に師事し,後年,後藤一乗の門下となり,それぞれの師から東明,一斎の名を許された。作品は鐔,縁頭,目貫などで,そのほとんどに東明あるいは一斎東明と刻んでいる。代表的作品に「粟穂図揃金具」(個人蔵)がある。粟穂の彫刻は,東明一流の特技といえ,画工林蘭雅との交際によってその下絵ができたものという。たわわに実った粟穂を特殊鏨で精巧かつ写実的に表している。<参考文献>東京国立博物館編『日本の金工』

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木東明の関連キーワード奈良派一宮長義兼定(2)志水甚五(2代)関直吉利国利貞秦友房平田安房彫物屋新七

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone