コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木蘭皐 あらき らんこう

1件 の用語解説(荒木蘭皐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木蘭皐 あらき-らんこう

1717-1767 江戸時代中期の漢詩人。
享保(きょうほう)2年生まれ。富永芳春(ほうしゅん)の子。富永仲基の弟。荒木適翁の養子。懐徳堂で三宅石庵(せきあん),中井甃庵(しゅうあん)に,のち田中桐江(とうこう)にまなぶ。みずからも詩社如蘭社を設立した。明和4年11月6日死去。51歳。大坂出身。名は鉄,定堅。字(あざな)は子剛。通称は吉右衛門。別号に鉄斎,如竹居。詩集に「雞肋(けいろく)集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荒木蘭皐の関連キーワードマイソール戦争備後国板倉勝清長久保赤水気質物気質物川崎定孝古都アユタヤ曲亭馬琴浮世草子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone