コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木蘭皐 あらき らんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木蘭皐 あらき-らんこう

1717-1767 江戸時代中期の漢詩人。
享保(きょうほう)2年生まれ。富永芳春(ほうしゅん)の子。富永仲基の弟。荒木適翁の養子。懐徳堂三宅石庵(せきあん),中井甃庵(しゅうあん)に,のち田中桐江(とうこう)にまなぶ。みずからも詩社如蘭社を設立した。明和4年11月6日死去。51歳。大坂出身。名は鉄,定堅。字(あざな)は子剛。通称は吉右衛門。別号鉄斎,如竹居。詩集に「雞肋(けいろく)集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒木蘭皐の関連キーワードボルテールレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)プリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争総合年表(アメリカ)備後国板倉勝清長久保赤水気質物気質物