コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅石庵 みやけ せきあん

4件 の用語解説(三宅石庵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三宅石庵

正名。儒者、大阪懐徳堂教授。享保15年(1730)歿、66才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三宅石庵【みやけせきあん】

江戸中期の朱子学者。名は正名,字は実夫,通称は新次郎。京都の人。浅見絅斎(けいさい)の門人。中井甃庵(しゅうあん)らに推されて大坂の懐徳堂(かいとくどう)初代堂主となった。
→関連項目土橋友直富永仲基三宅観瀾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅石庵 みやけ-せきあん

1665-1730 江戸時代中期の儒者。
寛文5年1月19日生まれ。三宅観瀾(かんらん)の兄。浅見絅斎(けいさい)に師事。享保(きょうほう)9年門下生がひらいた大坂懐徳堂の初代学主となる。その学は朱子学,陽明学の折衷で,鵺(ぬえ)学問と評された。書家としても名だかい。享保15年7月16日死去。66歳。京都出身。名は正名。字(あざな)は実父。通称は新次郎。別号に万年。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三宅石庵

没年:享保15.7.16(1730.8.29)
生年:寛文5.1.19(1665.3.5)
江戸時代前・中期の儒学者。名は正名,字は実父,通称は新次郎。石庵また万年と号した。京都生まれ。弟観瀾と共に浅見絅斎に師事,のち江戸に遊学,観瀾は木下順庵に入門したが,石庵は元禄10(1697)年帰洛。讃岐金毘羅の木村寸木に招かれ,4年間講説。14年上坂,開塾した。従学者多く,正徳3(1713)年門下紳商の拠金で安土町に多松堂を創設,平野の含翠堂にも出講した。享保11(1726)年,2年前高弟中井甃庵 や門下豪商5人の手で創建された懐徳堂初代学主に迎えられた。学は啓蒙的朱陸(朱子学と陽明学)折衷,和歌俳諧も嗜み,俳号泉石。墓所は八尾市神光寺。

(水田紀久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三宅石庵の言及

【懐徳堂】より

…江戸時代の大坂にあった学校。1724年(享保9)大坂町人の三星屋武右衛門,道明寺屋吉左衛門,舟橋屋四郎右衛門,備前屋吉兵衛,鴻池又四郎の5同志が儒者中井甃庵と謀って,彼らの師三宅石庵を学主に迎え,尼崎町1丁目(東区今橋4丁目)に開設。26年幕府官許の学問所となり,石庵のもとに五井蘭洲らが助講,甃庵が学問所預人,5同志が財政運営を担当した。…

※「三宅石庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三宅石庵の関連キーワード三宅擔庵漢儒飯田東渓植村棋園大町敦素小倉竹苞五井鶴城森横谷茂呂鼇岳吉田慎斎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone