コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅石庵 みやけ せきあん

百科事典マイペディアの解説

三宅石庵【みやけせきあん】

江戸中期の朱子学者。名は正名,字は実夫,通称は新次郎。京都の人。浅見絅斎(けいさい)の門人。中井甃庵(しゅうあん)らに推されて大坂の懐徳堂(かいとくどう)初代堂主となった。
→関連項目土橋友直富永仲基三宅観瀾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅石庵 みやけ-せきあん

1665-1730 江戸時代中期の儒者。
寛文5年1月19日生まれ。三宅観瀾(かんらん)の兄。浅見絅斎(けいさい)に師事。享保(きょうほう)9年門下生がひらいた大坂懐徳堂の初代学主となる。その学は朱子学,陽明学の折衷で,鵺(ぬえ)学問と評された。書家としても名だかい。享保15年7月16日死去。66歳。京都出身。名は正名。字(あざな)は実父。通称は新次郎。別号に万年。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三宅石庵

没年:享保15.7.16(1730.8.29)
生年:寛文5.1.19(1665.3.5)
江戸時代前・中期の儒学者。名は正名,字は実父,通称は新次郎。石庵また万年と号した。京都生まれ。弟観瀾と共に浅見絅斎に師事,のち江戸に遊学,観瀾は木下順庵に入門したが,石庵は元禄10(1697)年帰洛。讃岐金毘羅の木村寸木に招かれ,4年間講説。14年上坂,開塾した。従学者多く,正徳3(1713)年門下紳商の拠金で安土町に多松堂を創設,平野の含翠堂にも出講した。享保11(1726)年,2年前高弟中井甃庵 や門下豪商5人の手で創建された懐徳堂初代学主に迎えられた。学は啓蒙的朱陸(朱子学と陽明学)折衷,和歌俳諧も嗜み,俳号泉石。墓所は八尾市神光寺。

(水田紀久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

三宅石庵 (みやけせきあん)

生年月日:1665年1月19日
江戸時代中期の儒学者
1730年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の三宅石庵の言及

【懐徳堂】より

…江戸時代の大坂にあった学校。1724年(享保9)大坂町人の三星屋武右衛門,道明寺屋吉左衛門,舟橋屋四郎右衛門,備前屋吉兵衛,鴻池又四郎の5同志が儒者中井甃庵と謀って,彼らの師三宅石庵を学主に迎え,尼崎町1丁目(東区今橋4丁目)に開設。26年幕府官許の学問所となり,石庵のもとに五井蘭洲らが助講,甃庵が学問所預人,5同志が財政運営を担当した。…

※「三宅石庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三宅石庵の関連キーワード道明寺屋芳春吉田可久山中宗古中井竹山荒木蘭皐加藤景範生年月日富永芳春加藤信成三宅春楼学士

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android