コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木郁子 あらき いくこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木郁子 あらき-いくこ

1888-1943 明治-大正時代の小説家。
明治21年3月3日生まれ。青鞜(せいとう)社社員となり,明治44年の「青鞜」創刊号に戯曲「陽神の戯れ」を発表。大正3年刊行の「火の娘」では新時代の自由奔放な女性像をえがいた。岩野泡鳴の弟子で愛人ともいわれ,泡鳴の墓碑をたてた。昭和18年2月26日死去。56歳。女子美術学校卒。本名は郁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒木郁子の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android