コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木郁子 あらき いくこ

1件 の用語解説(荒木郁子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木郁子 あらき-いくこ

1888-1943 明治-大正時代の小説家。
明治21年3月3日生まれ。青鞜(せいとう)社社員となり,明治44年の「青鞜」創刊号に戯曲「陽神の戯れ」を発表。大正3年刊行の「火の娘」では新時代の自由奔放な女性像をえがいた。岩野泡鳴の弟子で愛人ともいわれ,泡鳴の墓碑をたてた。昭和18年2月26日死去。56歳。女子美術学校卒。本名は郁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

荒木郁子の関連キーワード国枝史郎後藤宙外三宅花圃須藤南翠岡本霊華尚昌武田仰天子辻村乙未物集和子大正時代美術