荒皮・粗皮(読み)あらかわ

精選版 日本国語大辞典「荒皮・粗皮」の解説

あら‐かわ ‥かは【荒皮・粗皮】

〘名〙 (「あらがわ」とも)
① 樹木や米穀類、タケノコなどの表皮。⇔甘皮
※浄瑠璃・浦島年代記(1722)二「行手の大木松のあらかは押削(けづり)
② コウゾ、ミツマタなどの外皮をはがして乾したもの。黒皮。
③ まだなめしていない動物の皮。⇔作り皮。〔壒嚢鈔(1445‐46)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android