荒草(読み)こうそう

精選版 日本国語大辞典「荒草」の解説

こう‐そう クヮウサウ【荒草】

〘名〙 あれはてた草地。生いしげる雑草。禅宗では悟りに至る前の無明(むみょう)の喩に用いる。
※狂雲集(15C後)拝関山和尚塔「荒草不鋤乃祖玄、涅槃正法妙心禅」 〔陶潜‐挽歌〕〔臨済録〕

あら‐くさ【荒草】

〘名〙 荒地に生える雑草。
※万葉(8C後)一四・三四四七「草蔭の安努(あの)な行かむと墾(は)りし道安努は行かずて阿良久佐(アラクサ)立ちぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android