コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒野の狼 こうやのおおかみDer Steppenwolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒野の狼
こうやのおおかみ
Der Steppenwolf

ドイツの詩人,作家 H.ヘッセの小説。 1927年刊。「荒野の狼」と自称する主人公ハラーの残した手記を編集したという形式をとり,すさまじい精神の混沌をあらわにした告白小説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうやのおおかみ〔クワウヤのおほかみ〕【荒野の狼】

《原題、〈ドイツDer Steppenwolfヘッセの小説。1927年刊。現代的社会になじむことのできない一匹狼の主人公ハリー=ハラーは、同じイニシャル(H.H.)をもつ著者自身の投影とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

荒野の狼の関連キーワードドイツ文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android