荘園図(読み)しょうえんず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荘園の見取り絵図。律令制的土地制度のもとでは,土地絵図として,墾田状態を示す墾田図班田の実施状況を示す班田図などが作成されたが,荘園制の発展に伴い,荘園立券荘号されるときに荘域を明確にするための荘園図が作成されるようになった。荘園図にはまた,荘園が権門に寄進されるときに作成されたものもあり,境相論が起ったとき,境界を明示するために作成されたものも多かった。鎌倉時代,荘園領主地頭との間で下地中分がしばしば行われたが,その際両者の支配領域を明示し,後日紛争を避けるために下地中分絵図がつくられた例も多い。南北朝,室町時代には,農民層の発展に伴う在地の変貌に対応して,名田畠,在家などの所在,規模などが絵図に示されるようになり,荘園制の解体が進行してくると,荘園図は郷村図に取って代られるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android