コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立券荘号 りっけんしょうごう

6件 の用語解説(立券荘号の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立券荘号
りっけんしょうごう

荘園を不輸租 (国家権力の発動を排除する特権) の地として国が公認する手続。正式の券文 (書類) をつくって荘園の名前を確認するという意。荘園領主の申請により,太政官から官吏が派遣され,国衙 (こくが) の役人と荘園側との立会いのもとに現地を調査して,位置,境界,面積などを確定し,書類と絵図をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りっけん‐しょうごう〔‐シヤウガウ〕【立券荘号】

荘園に不輸租(田租の免除)の特権を与える手続き。領主の申請に基づき政府が現地に使者を派遣し、券文(証明書)を作成して成立。太政官符・民部省符により成立した荘園を官省符荘国司の許可によるものを国免荘という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

立券荘号【りっけんしょうごう】

立券とは官に届を出して土地の所有権を認定する正式の証明書が作成されることを意味する。11世紀末頃までは荘園は官省符(かんしょうふ)によって賦課免除の特権が与えられ,成立を公認(立荘)されていた。
→関連項目質侶牧名田荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りっけんしょうごう【立券荘号】

立券とは官に届け出て正式の証明書が作られることをいう。律令制下でも田地や家地などを売買したとき券文を立てたが,律令制下では田地の所有者を確定する場合には班田図が最も重視され,10世紀に入って班田図が作成されなくなってから,券文を立てた名儀者が土地所有者とされた。10世紀ごろまで,たとえば橘貞子の名の荘として四至を限って立券した事例がみられるが,これは〈荘〉といっても土地の所有権の公認にすぎず,荘園としての特権は別に官省符が下されて付与された(官省符荘)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りっけんしょうごう【立券荘号】

国家から荘園としてその土地の不輸租あるいは雑役免の承認を得る手続き。「立券」はその手続きを経て証明書が作成されること。太政官符・民部省符によるもの(官省符荘)を原則としたが、国司が独自に免判を与えて設立されるもの(国免荘)もあった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立券荘号
りっけんしょうごう

荘園に不輸租の特権を与える手続。未墾地を開墾し領有することは、墾田永年私財法以来認められた合法的行為であるが、特権を与えられた寺田以外は輸租田であった。そこで墾田主が権門の場合、政府に申請して不輸租化を実現し、地方豪族はその所領墾田を権門に寄進付託することで不輸租化を図った。ただし農民の小規模墾田はそのまま国衙(こくが)に把握されて国衙領となり、不輸租化される可能性はまずなかった。さて、申請を認めた場合、政府は太政官使(だいじょうかんし)を派遣し、国司・郡司や領主側の使者とともに現地に臨み、立会いの下に、墾田の四至(しいし)(四境)、坪付(つぼつけ)(場所、田畑の種類、面積)を注して券文を立て(つくり)、四至に(ぼうじ)を打ち、また図使に絵図(荘園図)をつくらせた。これを立券荘号といい、券文と絵図は、領主、国衙、民部省にそれぞれ一通ずつ保存され、後証に備えた。これが官省符荘である。しかし官使の派遣は遠隔地の場合不可能で、国衙の判断にゆだねられたこと、また四至内新開田の不輸租化は国司の免判を必要としたこと、などから、平安後期に入ると国符による立荘が増えた。これを国免荘(こくめんのしょう)という。また院政期になると、官使にかわって院使が下り、院庁下文(いんのちょうくだしぶみ)で不輸が認められた場合もあり、白河(しらかわ)・鳥羽(とば)・後白河(ごしらかわ)3上皇の院庁下文を得たものを、三代起請(きしょう)の地と称する。[村井康彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立券荘号の関連キーワードルート認証局出生届印鑑証明書交通事故証明書届出登記事項証明書グリーンカード(Green Card)ディプロマ(Diploma)Financial Statement

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone