コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘清次郎 しょう せいじろう

2件 の用語解説(荘清次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘清次郎 しょう-せいじろう

1862-1926 明治-大正時代の実業家。
文久2年1月20日生まれ。荘清彦,福島慶子の父。岩崎久弥家庭教師となり,渡米に同行。三菱社にはいり,明治26年三菱合資を設立して社長となった久弥の信任を得,大正5年専務理事兼管事となる。三菱製紙所,東京倉庫などの役員も兼務した。昭和元年12月25日死去。65歳。肥前大村(長崎県)出身。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

荘清次郎

没年:昭和1.12.25(1926)
生年:文久2.1.20(1862.2.18)
明治大正期の実業家。三菱財閥トップ経営者。肥前大村藩(大村市)藩士荘新右衛門,テイの長男。父が幕末の藩内政争で非業の死を遂げた結果,辛苦の少年時代を過ごす。長じて上京,苦学したが,岩崎弥之助に学力を認められ,同家の援助により大学予備門,東大,エール大大学院に進学することができた。明治22(1889)年三菱社に入社,以後総務部門を中心に活躍,昇進し,大正5(1916)年三菱合資会社管事,総務部専務理事というトップ・マネージメントの中軸に就任したが,在職約2年で病を得,退任。三菱商事社長,会長となった荘清彦,随筆家福島慶子は実子。<参考文献>『三菱社誌』

(森川英正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荘清次郎の関連キーワード岩崎小弥太豊川良平三菱財閥石黒俊夫岩崎久弥瓜生震小野金六船田一雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荘清次郎の関連情報