コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘田胆斎 しょうだ たんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘田胆斎 しょうだ-たんさい

1815-1876 江戸後期-明治時代の書家。
文化12年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士星研堂(けんどう),巻菱湖(まき-りょうこ)にまなび,藩の右筆(ゆうひつ)となる。維新後,清(しん)(中国)で書家とまじわり,東京で塾をひらいた。明治9年3月30日死去。62歳。名は忠坦。字(あざな)は君平。通称は半蔵

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荘田胆斎の関連キーワード明治時代