コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野独園 おぎの どくおん

美術人名辞典の解説

荻野独園

幕末・明治臨済宗の僧。相国寺管長。備前生。名は承珠、退耕庵と称する。帆足万里に儒教を学び、相国寺大拙承演に臨済禅を学ぶ。著書に『近世禅林僧宝伝』『退耕録』等がある。明治28年(1895)寂、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻野独園 おぎの-どくおん

1819-1895 幕末-明治時代の僧。
文政2年6月生まれ。臨済(りんざい)宗。帆足万里(ほあし-ばんり)に儒学をまなぶ。京都相国寺の大拙承演(だいせつ-じょうえん)に師事して明治3年同寺住職となる。5年神仏合同の大教院院長に就任し,臨済,曹洞(そうとう),黄檗(おうばく)3宗の総管長をかねた。明治28年8月10日死去。77歳。備前(岡山県)出身。法名は承珠。号は退耕庵。著作に「近世禅林僧宝伝」「退耕語録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おぎのどくおん【荻野独園】

1819‐95(文政2‐明治28)
幕末から明治前期の禅僧。備前国児島郡山坂村(現,玉野市)に生まれる。諱(いみな)は承珠,字は独園,号は退耕庵。郡の掌善寺に入って得度。18歳のとき豊後に赴き,帆足万里に儒学を学ぶこと6年,ついで上洛して相国寺の大拙承演に参禅,その印可を受けた。1870年(明治3)相国寺第126世住持となった。72年教部省が設置されるや,大教院教導職となって上京,大教院長に任じ,臨済・曹洞・黄檗三宗総管長を兼任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

荻野独園の関連キーワード足利 紫山松原禅礎中原東岳竹田黙雷明治時代足利紫山独園承珠蘆津実全慧昌尼

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android