コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅笠座 すげがさざ

1件 の用語解説(菅笠座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すげがさざ【菅笠座】

室町時代,菅笠を販売した商人の座。古く《万葉集》にも〈難波菅笠〉とみえ,菅笠の産地として知られた摂津深江の菅笠商人の座が著名である。深江の菅笠商人は,堺,天王寺,京都以下山城国,奈良以下大和国等に出入りし,それらの地で彼らが本所と仰ぐ領主に座公事を納入し,座を結んでその地域における販売権を独占していた。そのようすを垣間見ることができるのは,京都と奈良,大和の場合である。京都には本座と新座があり,本座は藤原氏氏長者を,新座は二条家をそれぞれ本所と仰いで販売権の独占を保障されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菅笠座の関連キーワード油座塩商問屋替銭屋朱座大内市賀河市得地市富田市バック・マージン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone