菅蓑(読み)スガミノ

大辞林 第三版の解説

すがみの【菅蓑】

スゲの葉で編んだみの。すげみの。

すげみの【菅蓑】

スゲの葉で編んだ蓑。すがみの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すが‐みの【菅蓑】

〘名〙 (すげ)を編んで作った雨具。菅で作った蓑。
※光悦本謡曲・善知鳥(1465頃)「親は空にて、血の涙を、降らせば濡れじと、菅蓑や、笠を傾け、爰かしこの、便りを求めて、隠笠

すげ‐みの【菅蓑】

〘名〙 菅の葉を編んで作ったみの。すがみの。
※芭蕉(1922)〈吉田絃二郎〉「木曾の檜笠と越の菅蓑(スゲミノ)だけが、いつも幻住庵の柱に懸けられてあった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android