コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜笠 ヒガサ

3件 の用語解説(檜笠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐がさ【××笠】

檜(ひのき)を薄くはいで作った網代笠(あじろがさ)。ひのきがさ。

ひのき‐がさ【××笠】

ひがさ(檜笠)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檜笠
ひのきがさ

笠の一種。網代笠(あじろがさ)ともよばれ、ヒノキ、スギ、マツ、イチイなどの経木(きょうぎ)を材料とし、網代に組んでつくった笠。古くは大和(やまと)国(奈良県)大峰(おおみね)の修験者(しゅげんじゃ)がもっぱら用いたので、行者(ぎょうじゃ)笠ともいわれた。その形はほぼ円錐(えんすい)形で、大きさは直径40センチメートル前後、高さ14センチメートルで、内部に台輪(だいわ)、笠当(かさあて)などを装置してかぶった。その分布は、近畿・中部地方を中心として四国・中国の一部、また関東の山間部に及び、日よけとして軽快であるうえに雨よけにもなるので、農山村の男子が農作業に晴雨兼用で近年まで着用していた。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の檜笠の言及

【笠】より

…江戸時代に入ると,形,材質の違いから,また身分,職業,用途によってさまざまな種類の笠が生まれ,武士はもとより町人,農民など男女を問わず広く用いられた。材料から藺笠,菅笠,竹笠,檜(ひ)笠,藤笠などと呼ばれ,製作上からは編笠,縫笠,組笠,網代(あじろ)笠,塗笠,張笠,綾藺笠などがあった。形の上から平笠,尖(とがり)笠,褄折(つまおり)笠,桔梗(ききよう)笠などがあり,用途上から雨笠,陽笠,祭りや踊りに用いる花笠,戦陣で下級武士のかぶった陣笠や騎射に用いた騎射笠などと呼ばれるものがあった。…

※「檜笠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

檜笠の関連キーワード網代団扇網代垣網代笠網代戸木具笹帆折ぎ板杮板檜網代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

檜笠の関連情報