コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜笠 ヒガサ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檜笠
ひのきがさ

笠の一種。網代笠(あじろがさ)ともよばれ、ヒノキ、スギ、マツ、イチイなどの経木(きょうぎ)を材料とし、網代に組んでつくった笠。古くは大和(やまと)国(奈良県)大峰(おおみね)の修験者(しゅげんじゃ)がもっぱら用いたので、行者(ぎょうじゃ)笠ともいわれた。その形はほぼ円錐(えんすい)形で、大きさは直径40センチメートル前後、高さ14センチメートルで、内部に台輪(だいわ)、笠当(かさあて)などを装置してかぶった。その分布は、近畿・中部地方を中心として四国・中国の一部、また関東の山間部に及び、日よけとして軽快であるうえに雨よけにもなるので、農山村の男子が農作業に晴雨兼用で近年まで着用していた。[宮本瑞夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の檜笠の言及

【笠】より

…江戸時代に入ると,形,材質の違いから,また身分,職業,用途によってさまざまな種類の笠が生まれ,武士はもとより町人,農民など男女を問わず広く用いられた。材料から藺笠,菅笠,竹笠,檜(ひ)笠,藤笠などと呼ばれ,製作上からは編笠,縫笠,組笠,網代(あじろ)笠,塗笠,張笠,綾藺笠などがあった。形の上から平笠,尖(とがり)笠,褄折(つまおり)笠,桔梗(ききよう)笠などがあり,用途上から雨笠,陽笠,祭りや踊りに用いる花笠,戦陣で下級武士のかぶった陣笠や騎射に用いた騎射笠などと呼ばれるものがあった。…

※「檜笠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

檜笠の関連キーワード長野県木曽郡南木曽町南木曽(町)檜笠・桧笠南木曽町檜細工ヒノキ高野笠長野県木曽谷経木行脚菅蓑脛高妻籠

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檜笠の関連情報