コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅藻 スガモ

デジタル大辞泉の解説

すが‐も【×菅藻】

ヒルムシロ科の多年草。海岸の岩礁に生える。葉は細長く、長さ約1メートルになる。雌雄異株。春から夏にかけて花をつける。
川藻の一種というが、未詳。
「宇治川に生ふる―を川速み取らず来にけりつとにせましを」〈・一一三六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すがも【菅藻】

ヒルムシロ科の沈水性の多年草。北日本の浅海の岩に叢生そうせいする。葉は太い根茎から出、リボン状で細長い。根茎に淡黄褐色の丈夫な繊維がある。
淡水産の藻の一種。 「宇治川に生ふる-を/万葉集 1136

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菅藻 (スゲモ)

植物。アマモ科の沈水性多年草。アマモの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の菅藻の言及

【海藻】より

…浜松は藻類ではなく,アカザ科の一年草アッケシソウだという。なお,《万葉集》巻七には宇治川の〈菅藻(すがも)〉という淡水藻の名が見え,明らかに食用にされたと思われるが,これがいまの何にあたるかは不明である。【鈴木 晋一】。…

※「菅藻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菅藻の関連キーワードヒルムシロ科宇治川

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android