コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野覚兵衛 すがの かくべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野覚兵衛 すがの-かくべえ

1842-1893 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)13年11月23日生まれ。坂本竜馬の海援隊にくわわり,竜馬の妻の妹君子と結婚。明治2年アメリカに留学,7年帰国し海軍省にはいる。9年少佐。鹿児島造船所次長,横須賀鎮守府建築部長などを歴任。明治26年5月30日死去。52歳。土佐(高知県)出身。初名は千屋(ちや)寅之助。名は孝訓,孝義。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅野覚兵衛の関連キーワードゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)科学史ディーゼル黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッド

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菅野覚兵衛の関連情報