コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊ごぼう

デジタル大辞泉プラスの解説

菊ごぼう

岐阜県中津川市恵那市で主に生産されるアザミゴボウの根をさす。もとは山菜だが、明治期から本格的に栽培が始まった。味噌漬け醤油漬けなどにして食する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

菊ごぼう[根菜・土物類]
きくごぼう

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に中津川市で生産されている。切り口の模様が菊の花に似ているため、菊ごぼうと呼ばれる。江戸時代末期に恵那市岩村山中で発見され、明治時代に入ってから栽培が始められた。赤土土壌で香りのあるやわらかいごぼうができる。食物繊維も豊富。10月中旬から11月中旬にかけて収穫される。飛騨・美濃伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

菊ごぼうの関連キーワード岐阜県中津川市東海地方

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android