菊ごぼう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

菊ごぼう[根菜・土物類]
きくごぼう

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に中津川市で生産されている。切り口の模様の花に似ているため、菊ごぼうと呼ばれる。江戸時代末期に恵那市岩村山中で発見され、明治時代に入ってから栽培が始められた。赤土土壌で香りのあるやわらかいごぼうができる。食物繊維も豊富。10月中旬から11月中旬にかけて収穫される。飛騨・美濃伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android