恵那市(読み)えな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恵那〔市〕
えな

岐阜県南東部,木曾川中流域と美濃三河高原に広がる市。東で長野県,南で愛知県に接する。 1954年大井町,長島町の2町と東野村,三郷村,武並村,笠置村,飯地村,中野方村の6村が合体して市制。 2004年岩村町,山岡町,明智町,串原村,上矢作町の5町村と合体。古くは東山道の宿駅が設置され,江戸時代には中山道の宿場町として繁栄。主産業は農業で,山麓緩斜面や丘陵地で棚田による米作や酪農が行なわれる。第2次世界大戦後,精密機械,弦楽器製造,段ボールなどの厚紙製造および加工,石材加工などの工業が進出。天然細寒天や良質の耐火粘土の産地としても有名。日本最初のダム式発電所である大井ダムの建設により誕生した恵那峡は,多くの観光客を集める。笠置山付近のヒトツバタゴ自生地と岩村町の富田ハナノキ自生地,大井町の傘 (からかさ) 岩は国の天然記念物。市域の一部は恵那峡県立自然公園および胞山県立自然公園に属する。 JR中央本線と明知鉄道が恵那駅で分岐。国道 19号線,257号線,363号線,418号線が通り,中央自動車道のインターチェンジがある。面積 504.24km2(境界未定)。人口 5万1073(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恵那市の関連情報