菊永検校(読み)きくながけんぎょう

  • 菊永検校 きくながけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1742-1824 江戸時代中期-後期の地歌・箏曲(そうきょく)家。
寛保(かんぽう)2年生まれ。三味線を初代藤永検校に,を〆村検校にまなぶ。芸名の字のつく大坂菊筋となる。「新増大成糸のしらべ」(享和元年刊)の筆頭校訂者で,菊崎検校や2代菊沢検校らおおくの門人をそだてた。文政7年8月29日死去。83歳。名は太一

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android