菊池 鋳太郎(読み)キクチ チュウタロウ

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の彫刻家



生年
安政6年11月15日(1859年)

没年
昭和19(1944)年

出生地
江戸

学歴〔年〕
工部美術学校〔明治15年卒〕

経歴
はじめ洋画家・国沢新九郎の画塾に学ぶ。明治9年工部美術学校の彫刻学科に入学し、イタリア人彫刻家ラグーザに師事した。15年に同校を卒業した後は彫刻家として活動し、22年明治美術会の創立参画。28年には同会第7回展で展覧会委員を務めた。29年黒田清輝・久米桂一郎ら新派の芸術家たちとはかって白馬会を設立、以後はその主要同人として活躍し、白馬会第1回展では「久米民之助氏之像」を出展して評判となった。31年には白馬会研究所開設に伴い、約1年間自宅を提供。42年日英博覧会の開催にあたり、久米らとともに渡欧我が国における洋風彫刻の先駆者の一人であり、肖像塑像を得意としたが、晩年石膏を用いた複製作りを専らとした。作品は他に「獅子」「犬」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android