コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池南洲 きくち なんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池南洲 きくち-なんしゅう

1751-1808 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦元年生まれ。菊池南汀(なんてい)の子。江戸の人。柴野栗山(りつざん)にまなぶ。常陸(ひたち)水戸藩につかえ彰考館で「大日本史」の編修にたずさわり,寛政10年総裁となった。著作に「鎌倉英勝寺住持職事考」。文化5年7月22日死去。58歳。名は重固。字(あざな)は子厚。通称は造酒蔵,平八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池南洲の関連キーワードボルテールデービー(Sir Humphry Davy)ドルトン(John Dalton)宝暦怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)フランクリン(Benjamin Franklin)ジュコフスキー(Vasiliy Andreevich Zhukovskiy)1808年5月3日クライストスペイン独立戦争

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android