コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池南洲 きくち なんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池南洲 きくち-なんしゅう

1751-1808 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦元年生まれ。菊池南汀(なんてい)の子。江戸の人。柴野栗山(りつざん)にまなぶ。常陸(ひたち)水戸藩につかえ彰考館で「大日本史」の編修にたずさわり,寛政10年総裁となった。著作に「鎌倉英勝寺住持職事考」。文化5年7月22日死去。58歳。名は重固。字(あざな)は子厚。通称は造酒蔵,平八郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊池南洲の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)宝暦上田秋成検察ブルボン朝木内石亭銭屋金埒福永彦左衛門廓文章