コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池熊太郎 きくち くまたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池熊太郎 きくち-くまたろう

1864-1908 明治時代の教育者,実業家。
元治(げんじ)元年生まれ。東京英語学校,東京法学院(現中央大)教授をへて,明治21年志賀重昂(しげたか)らと「日本人」発刊に参加。のち実業界にはいり,勧業銀行監査役,大同生命取締役などをつとめた。明治41年9月17日死去。45歳。陸奥(むつ)釜石(岩手県)出身。札幌農学校卒。著作に「物理学教科書」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池熊太郎の関連キーワード明治時代政教社実業家教育者元治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android