コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池荘介 きくち しょうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池荘介 きくち-しょうすけ

1821-1864 幕末の武士。
文政4年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)宍戸(ししど)藩士。天狗(てんぐ)党の乱の際,藩主松平頼徳(よりのり)にしたがい水戸におもむく。鎮圧失敗の責任をとわれた頼徳が切腹を命じられると捕らえられ,元治(げんじ)元年10月16日水戸の獄で処刑された。44歳。名は景恒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊池荘介の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)元治ファナリオテスバイロンマンゾーニウェーラー近・現代ラテンアメリカ史(年表)女医エンゲルスギリシア解放戦争

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android